BitMEX 非表示注文とは? 隠し売り隠し買いについて



管理人:mexkensirou「いつか非表示注文を使いこなす投資家になろう」

 

非表示注文とは?

非表示注文とは「指値」「ストップ指値」「利食い指値」注文時に使用可能な注文方法だ。

通常指値を入れるとオーダーブック等に表示されてしまうが、大量の指値注文が入ってしまうとその手前で止まってしまうこともあるだろう。そういった市場への影響を減らし、希望価格で約定させるために使用する注文方法だ。所謂隠し買いや隠し売りとも言われているぞ。

日本の取引所では金融商品取引法などで注文は公開しなくてはならず、非表示注文をすることができないが、BitMEXでは使用可能だ。

非表示注文のやり方

非常時注文は指値注文タブの下部で設定できる。この時「post-only」にチェックが入っていると非表示注文することができなくなるため、「postonly」のチェックは外しておこう。

非表示にチェックを入れて下にあるUSDに一部表示する場合は数量をいれてくれ。すべて非表示注文にする場合は0のままでOKだ。

ちなみにUSDに数量をいれて一部を表示する注文を「アイスバーグ注文」というぞ。

 

非表示注文の手数料

BitMEXにおける非表示注文の注意点だ。非表示注文は指値で注文するが、これは指値(メイカー)としては扱われないから気をつけてくれ。非表示で注文してあるが、板に反映されているわけではなく、目標の価格に到達した時点で成行(テイカー)として発注されるため、手数料もテイカー手数料が発生するぞ。ちなみに一部が表示されるアイスバーグ注文をした場合、表示されているものは指値注文になるため、手数料もメイカー扱いとなるぞ。

非表示注文の影響力

これは推測だが、大口は非表示注文を多用しており、大幅な相場の変動などが起こった時にサポートやレジライン等で急激な反発が行われるのは非表示注文によるものだろう。もちろん単純な利確等で反発が伸びることもあるだろうが、ガラ等の途中で急激な成行が入るのは非表示注文による決済が影響しているのではないだろうか。

相場変動時はライン際の攻防等をよく確認して次の一手を選んでいこう。

 

ビットメックスで口座開設大

 

 

 



広告